桜の季節になりました

こんにちは、ホームページをご覧いただきありがとうございます。
コロナウイルスが猛威を振るう中、マスクが欠かせない状態ですが、
マスクをしていると保湿されるので、喉の渇きを感じずらくなります。
ですので、こまめな水分補給を心掛けてください。

もうすぐ4月。新年度がはじまりますね。
すっかり春の気温になりつつありますが、日によっては肌寒いこともあります。
桜も近々満開を迎える予想だそうです。お花見などにお出かけの際は、
さっと羽織れる上着などを持っていくといいかもしれませんね。

 

桜の時期に花がムズムズする、

クシャミが止まらない等の症状がある場合は

桜花粉症よりも 「ヒノキ花粉」や「スギ花粉」が

原因となっている可能性が高いようです。

 

当薬局は、かかりつけ薬局として、在宅訪問指導などを通して

医師と共に皆様の治療効果の向上を主とした健康管理をサポートしてまいります!

 

症状がひどい、薬が合わないなどお悩みの方は

まずは一度【はる薬局/こはる薬局】までご相談下さい!

 

はる薬局/こはる薬局

TEL:042-536-2671(はる薬局)/042-537-7092(こはる薬局)

お問い合わせフォームはコチラ

辛い季節を乗り越えましょう

こんにちは、ホームページをご覧いただきありがとうございます。
コロナウイルスが猛威を振るう中、マスクが欠かせない状態ですが、
マスクをしていると保湿されるので、喉の渇きを感じずらくなります。
ですので、こまめな水分補給を心掛けてください。

暦の上では春がやってきましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。

春からの新生活に向けて準備中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

新しいことを始めたり、新しい環境に飛び込むのは

ドキドキする気持ちとワクワクする気持ちがありますが

目標に向けて頑張っていきましょう!

 

花粉の症状が出始めている方も多いようです。

・マスクやゴーグルなどの着用

・手洗いうがいをする

・布団や洗濯物の屋外干しを避ける

 

こういった対策はもちろん、薬による初期療法も効果的です。

アレルギー治療薬を花粉症がはじまる2週間くらいから予防的に服用することで

症状が出てから服用するより高い効果を得ることができます。

 

花粉症のみなさんにとってはつらい時期となりますが、

お薬を上手に使い、なるべく症状を抑えて乗り越えていきましょう!

 

 

はる薬局/こはる薬局

ご不明な点等ございましたら、

お気軽にお問い合わせください。

TEL:042-536-2671(はる薬局)/042-537-7092(こはる薬局)

お問い合わせフォームはコチラ

新年のご挨拶

こんにちは、ホームページをご覧いただきありがとうございます。
コロナウイルスが猛威を振るう中、マスクが欠かせない状態ですが、
マスクをしていると保湿されるので、喉の渇きを感じずらくなります。
ですので、こまめな水分補給を心掛けてください。


新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。

本年も皆様にご満足頂けるサービスを心がけ、誠心誠意努める所存でございます。

何卒、本年もより一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。

新年のご挨拶が遅くなり恐縮ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

はる薬局/こはる薬局
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL:042-536-2671(はる薬局)/042-537-7092(こはる薬局)
お問い合わせフォームはコチラ

年末のご挨拶

こんにちは、ホームページをご覧いただきありがとうございます。
街中ではクリスマスの準備をしている所がでてきましたね。
ですが日中はまだ暖かいので、気温差で体調を崩さないよう気を付けたいところです。
コロナウイルスが猛威を振るう中、マスクが欠かせない状態ですが、
マスクをしていると保湿されるので、喉の渇きを感じずらくなります。
ですので、こまめな水分補給を心掛けてください。


早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

来年も本年同様、皆さまにご満足いただけるよう
サービスの向上を目指し、より一層精進して参ります。
来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて年末のご挨拶とさせていただきます。

 

はる薬局/こはる薬局
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL:042-536-2671(はる薬局)/042-537-7092(こはる薬局)
お問い合わせフォームはコチラ

患者様からのご質問、ご紹介いたします

こんにちは、ホームページをご覧いただきありがとうございます。
早いもので秋がすぎさり冬の季節になってきましたね。
ですが日中はまだ暖かいので、気温差で体調を崩さないよう気を付けたいところです。
コロナウイルスが猛威を振るう中、マスクが欠かせない状態ですが、
マスクをしていると保湿されるので、喉の渇きを感じずらくなります。
ですので、こまめな水分補給を心掛けてください。

 

今回は、お薬に関する皆様からいただくご質問についてご紹介します!

 

Qお薬を飲むときの飲み物はどうしたら良いですか?

A飲み薬はコップ1杯のお水で飲むのが原則です。
 アルコール類やお茶、ジュース等で薬を飲むと、飲み物に含まれる成分との相互作用で
 薬の効果が変わることや副作用をおこす場合があるため危険です。
 飲み合わせの悪い飲み物やお薬もありますので、
 どうしても水や白湯では飲みにくい場合には、ぜひ薬剤師にご相談ください。

 

Qお薬はどうやって保管したら良いですか?

Aお薬は正しく保管しないと、
 本来の効き目が得られなくなってしまうことがあります。
 粉末や顆粒状の薬は、水分を吸収すると固まってしまうことがあります。
 湿気に注意し、直射日光が当たらない涼しい場所に保管しましょう。
 目薬やシロップ剤などは衛生的に汚染を防止する為にも、
 冷蔵庫に保存した方が安全です。他の容器に移し替えたりせずに保管してください。
 また、小さいお子様やお年寄りのいるご家庭では、
 誤飲を防ぐ為にも、簡単に手が届くところに置かないようにすることが大切です。

 


お薬を飲む際は、自己判断で飲む量を増やしたり、減らしたりすることは避け、
正しく服用することが大切です。

なにか不安なことやご相談などがございましたら、
何でもお気軽にご相談ください?


はる薬局/こはる薬局
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL:042-536-2671(はる薬局)/042-537-7092(こはる薬局)
お問い合わせフォームはコチラ

  • スタッフ紹介
  • メディア
  • 代表挨拶/会社概要
  • こはる薬局Facebook
  • スタッフ募集ページはこちら
ページトップへ戻る